-コラム-
【セルフマネジメントについて】

今回はセルフマネジメント・リーダーシップについて話をしていきたいと思っています。

 

自分が今読んでいる本『最高のリーダー、マネージャーがいつも考えているたったひとつのこと』( byマーカス・バッキンガム)

にて、リーダーに必要な資質の一つに【明確さ】を掲げています。

 

【明確さ】が必要とはどういうことでしょうか?

ここでは明確さの一つに、何に対して注力すべきなのか、ということを明確にする必要性が述べられています。

自分自身、大学のサッカーサークルの代表をしていて、日本一に向けて組織変革をしていたときに、非常に苦労した経験があります。サッカーを本気でやりたいメンバー、素人でサッカーを楽しみにきているメンバー、そもそものモチベーションにばらつきが大きくあったこの組織をマネジメントすることはとても大変な仕事でした。

こんな中今この本を読んで、自分が知らずに実践できていたなと思う一つの【明確さ】がありました。

それはサッカーが上手い・下手ではなく、『真面目に誰よりも一生懸命やる』という価値観を大切にする、ということでした。

日本一になるための大切な一つを上げるとしたら、自分の中で組織に対してこのスタンスを求めていました。

一つ下の男の子で、身体能力が圧倒的に他のメンバーに劣り、どうしても試合に出られない、だけれども誰よりも練習には早く来て、ボールを磨いたり、空気を入れたり、筋トレをしたり、一つ一つのことを全力で努力しているメンバーがいました。

自分は彼の姿勢を心からリスペクトしていて、このメンバーが不幸せにならない、報われる組織にしよう!ということだけは自分の中で決めていました。

練習後には結構な頻度で、『自分たちがこうして練習出来ているのは、実は〇〇が練習に誰よりも早く来て、ボールに空気を入れてくれたり、準備をしてくれているからだ。こういったメンバーの支えを絶対に忘れてはいけない。』と言い続けていました。

結果日本一になることができたときに、この真面目でひたむきに、というスタンスがチーム全員の目指す姿勢になっていたんだなと、今になって改めて思います。

 

皆さんの活動において一つだけ、何か一つだけ大切にするとしたら何でしょうか?

 

そういったことを明確にすると、あらゆることの優先順位が見えてくるかもしれませんね。

Criacao Career、これは部活も就活も、全ての活動を本気でやろうとするメンバーを、世界・日本のリーダー人材に育てる、という明確なミッションを持っています。

僕らはそんなみんなの力になりたい、これは能力ではなく、スタンスの問題です。

明確な僕らのターゲットです。

 

では最後に、またこの言葉を送ります。

 

『自分らしい姿の追求こそキャリアの追求である』(byダニエル・J・レビンソン)

 

部活も就活も自分らしさの追求です!!