vol.13「企業選びの考え方」

crcolumn0013

今回は今まさに皆さんが悩まれている企業選びについてです。企業は大きく二つのポイントから皆さんを判断しようとしています。

①企業文化と合う人材か?(性格・文化)
②企業の事業特性と合う人材か?(能力)

これはどういうことかというと、皆さんの部活に新入生が入ってきてことを思い返してもらえるといいかと思います。
多分皆さんが新入生の頃、自分がその部活に合うかどうかは、自分自身ではなかなか判断が出来なかったかと思います。

 

しかし部活を3年以上経験している今であれば、皆さんが新入部員を見たときに、

①部の雰囲気に合う人材か(性格・文化)
②部で活躍できる人材か(能力)

なんとなく判断できるかと思います。

このあたりの感覚は企業も同様で、性格や雰囲気等、企業の雰囲気と合致する人材かどうか、そして事業特性を考えたときに活躍しやすい人材かどうか、ということはある程度分かるものです。
よって皆さんは働いたこともない企業の雰囲気を推測するためにOB訪問や企業セミナーに参加し、企業の事業特性を知るために業界研究等を行い、どういった事業特性にどんな能力・資質が求めらるのかを分析していくのだと思います。

crcolumn0013_02

 

例えば商社であれば、各商社によって企業文化は異なりますし、商社間で考えたときに社員の雰囲気も微妙に異なってくるかと思います。一方で事業特性という観点からは商社の業態自体が事業構造が多岐にわたる特性を持っているので、商社毎の違いはあまりないといってもいいかもしれません。

しかし商社とメーカーでは事業特性は大きく異なっているかと思います。それによって求められる資質は異なってくるということです。分からないことはどんどんその企業や業界の人に聞き、良く理解した上で自らのキャリア選択を行っていきましょう!

 

Criacao/丸山和大