-OBキャリア-
永谷圭汰 氏
㈱リクルート系(早稲田大学サッカーサークル)

永谷圭汰さん

nagatani

Q.プロフィール

  • 早稲田大学スポーツ科学部 サッカーサークル
  • 愛知県出身

Q.内定先

リクルート系列

Q.スポーツ歴

サッカー(5歳より、18年間)

Q.学生時代の体育会活動について

サッカーサークルに3年間活動し、3年時ではキャプテンを務めました。サークルなので、勿論、監督やコーチはいません。その中で自分たちの適切な目標を定め、練習メニューや指導を行ってきました。一つ下の代ですが、私たちのサークルは日本一を達成することができました。

Q.就職活動の軸について

圧倒的に成長できること
活躍したら活躍した分、正しく評価される会社
チャンスを生み出す機会がある

就職活動の時期、将来具体的にやりたいこともなく「就職活動の軸を探す!」という言葉には少し疑問を抱いていました。ただ、多くの方に会う中で、自分の関心のある会社が幾つか絞れてきました。その共通項を探した時に初めて、所謂、「就職活動の軸」というものが見つかりました。始めからふるいに掛けて企業を選択するのではなく、多くの会社を調べたり、様々な社会人の方にお会いすることによって、自分にとって譲れないもの「就職活動の軸」が生まれると自分は思います。とりわけ順番にこだわる必要もありませんが、活動量を惜しまず、多くの情報の中で自分にとっての良い軸を見つけてください。

Q.今の内定先を決めた理由

優秀な方が多かったのが最大の決め手です。優秀な方(=この人に勝てない!と感じる人)に囲まれる環境の方が、自分は圧倒的にモチベーションを生み出し、成長することができます。恐らく負けず嫌いなんでしょう。それは高校時代、サッカー強豪校で優秀な仲間にもまれ、挫折を多くする中で、入学する前には想像もできなかった結果を残すこと(=成長すること)ができた経験が大きく影響しているのでしょう。

Q.部活を通じて学んだことで就職活動で活きた経験について

チームをまとめる上での、目標設定の重要性
私は部活ではなく、サッカーサークルに所属し、キャプテンを務めていました。部活とは異なり、サークルのメンバーは様々なモチベーションを持っています。ただ単にサッカーで日本一になることを目標とせず、「サークルとして日本一を目指す」という目標設定をし、その定義も話し合いました。「あくまでサッカーで日本一になることは、日本一のサークルになる方法だ」と。
その時、試合に出れない選手やマネージャーたちが自分の活躍の場を見つけ、チームに今まで以上の貢献してくれるようになりました。目標を何度もすり合わせ、「自分たちは何のために活動しているのか?」を考え抜き、目標設定する。単純そうに見えるけれども、目標設定、つまり ” 何のために、なぜ ” を考えることは、とても重要だという事を学びました。

Q.就職活動をしている体育会学生に向けてのアドバイス

就職活動において成功の近道はないと思います。
必死に努力し、多くの方に相談して協力をしてもらう中で、ようやく自分の就職活動における「正解」は見つかると思います。カッコイイ!とか、憧れ!に引っ張られがちですが(自分も始めはそうでした!笑)、就職活動はあくまで「働き出した自分がより幸せになる」ためだと思います。本当に大切にしている事を見つけだし、自分にとっての良い就職活動を行ってください!頑張ってください。