-OBキャリア- 上村佳祐(青山学院大学サッカー部出身)

uemura②

・大学名、部活名

青山学院大学、体育会サッカー部

 

・内定先

⇒大手日系人材会社

 

・学生時代の体育会活動の概要

体育会サッカー部副将として、四年時にチームマネジメントにチャレンジ。

 

・内定先を決めた理由

1、一緒に働きたいと思える人が多かった。(本音で言い合える、少し言いにくいことも言い合える。)

2、将来、スポーツの世界に関わりたい。中途採用の企業営業を通し、経営者としての視点や考え、価値観を身に付けたいと思った。営業の数だけ、経営者になれる。一経営者としての力を付けて、スポーツの世界に関わって行きたいと思ったから。

3、とは言え、クリアソンでのインターンを通し、より社会のことや内定先のこと、もっと大きく言えば世の中のことが分かってきた中で、この選択で本当に良いのか?という想いがある。

しかし、『1人の人間として誰かの心を動かせる人間に成長したい』という強い想いがあり、内定先の会社は個人の成長にフォーカスした企業。一度飛び込んでみようと思っている。

 

・部活を通して学んだことで、就職活動に役立ったこと

『何ために部活をやるのか』という目的の重要性を学んだ。ただ、部活をするだけではなく、そこに納得のいく目的を持って取り組むことで、部活動で生きがいを感じる瞬間や日々の生活で充実感を感じる瞬間が増えたと思う。また、『何ために部活をやるのか』などの目的を、部活を通して考え続けること、そしてその目的に対して納得感がある状態で、部活動と向き合い続けたことが、就職活動で活きる瞬間が多かった。

 

・クリアソンセミナーに参加した感想

色々な『セミナー』に参加してきた。その中で、クリアソンのセミナーが自分にとってはさらなる成長へのきっかけだった。答えを簡単にくれる訳ではなく、自分で気付かせるためのきっかけをくれる。だからこそ、『何だろう?』と考え、悩み、思考すること、そこからの行動を繰り返すことで、以前の私とは違う考えや価値観を持つことができるようになったと思う。

 

・他の就活セミナーとの違い

一般的な就活セミナーでは知識としての情報を増やせると思う。しかし、クリアソンのセミナーは、いかにこれからのキャリアを自分らしく歩んでいけるかを考えるきっかけをくれる。セミナーを通して、自分自身を見つめ直すことができると思う。

 

・就職活動との向き合い方について後輩へアドバイス

一番重要だと思うことは、今まで自分がどんなことをして、なぜそれをしてきたのか、何のためにしてきたのか考え、自分の言葉で相手に伝えられることだと思います。また、より多くの情報を得るためになるべく多くの社会人の方と話す機会を作ることが大切だと思います。