-内定者インタビュー-
浦上嵩玄 さん
ITベンチャー(京都大学ラクロス部)

浦上嵩玄さん 京都大学ラクロス部

DSC_0058

Q.内定先

ITベンチャー
「理念と心を動かす主体性」
Criacao CareerインタビューVol.4では、京都大学ラクロス部で主将も務めた浦上嵩玄さんに就職活動や部活動について聞きました。

Q.ラクロスを選んだ理由は?

京大で、「スポーツで日本一を目指せる」というところに惹かれました。ほかにもいくつか「日本一」を目指せる環境があったりして悩みましたが、そこでラクロスを選んだ理由は純粋にスポーツとしてのカッコよさです。

Q.京大ラクロス部はどんな組織ですか?

規模の割に若いこともあって、チーム体制やルール等まだまだ未熟な組織だと思います。なので、四年間所属していれば、絶対成長することが約束されている、なんてことはありません。しかし、だからこそ自分たちでいい組織にしていくんだ、自分たちらしい組織を作っていくんだと思う人がいて、その人たちが活躍する場所はたくさんあると思います。

Q.4年間で一番うれしかったこと?

引退試合のあと、同期だけでなく、後輩たちがちゃんと笑ってくれてるところを見た時です。
僕たちの引退は「華」とは程遠いものでした。リーグ戦に出場停止になり、何とかあがいて、最終目標に掲げた関東との試合で敗北する。そんな終わりに達成感など感じるはずはないし、感じるべきでないと思いました。しかし、最終試合のあと、チームのみんなに笑顔が見られ、過ちばかりの取り返しのつかない一年でしたが、同期や後輩たちになにか少しでもいいことを残せたのかもしれないと思いました。

Q.4年間で一番つらかったこと。どうやって乗り超えようとしたか?

出場停止の処分を受けたことです。チームとしての歩みを大きく後退させたことにくわえ、同期や後輩たちの夢を奪ってしまったという事実が本当に辛かったです。
僕自身がその事実を乗り越えられたかは定かではありませんが、チームがばらばらにならないようにという事と、今年の僕たちが何かを後輩たちに残せるようにという理由から、チームの目標を再設定し、それに向けもう一度チームをスタートさせました。

Q.なぜ、主将を務めたのか?

勝ちたかったからです。一番勝ちたいと思っているし、一番勝てると信じている人、そしてどうやってそれを実現するかのイメージを具体的に持っている人が主将をやるべきだと、先輩方が引退したその当時のチームを見て感じました。そしてそれを誰が一番体現できるのかと考え、自分がやりたい、自分ならやれる、そう思いました。そして、きっとその思いがしっかり皆に伝わり、主将を務めることになったのだと思います。

Q.主将を務め、どのようなチームを目指していたか?

目標はもちろん、みんなが高いレベルで目標にかける思いを共有しているチームを目指していました。
チームのメンバーが増えるとどうしてもモチベーションに格差が生まれます。前年のチームにおいてもそれは感じていました。ベンチ入りできなかった半数以上のメンバーたちや、チームスタッフ、一回生を含む全員が本気でチームの勝利を高いレベルで求めている。そういうチームを目指していました。

Q.主将として、どのようなことを意識していたか。どのような取り組みがあったか?

僕は実際、年間をとおしてみるとほとんど何もしていません。僕がしたことは、同期や下回生たちに思いや考えを共有して、心に火をつけることだけです。あとは皆が自発的にチームを理想に近づけてくれました。例年モチベーションが低いといわれがちなBチームの雰囲気を変えるために、僕が介入して何かをしたわけではありません。Bの四回生やリーダーたちと思いや考えを共有したら、あとは彼らが本当にいいチームを作ってくれました。練習も別メニューで疎外感を感じがちな一回生に対し、ぼくが革新的な何かをしたわけでもありません。
部屋長(縦割りの五六人くらいのグループ)の四回生たちが一年を通して一回生たちに思いを伝え、一回生たちのことを常に気にかけてきたから、チームに一体感が生まれました。

DSC_0061

Q.京大ラクロス部でどんな部分で成長したと感じているか?

今更そんなことをと思うことではありますが、「勝てばいい」という考えが大きく間違っていることに気づくことができたの僕の中では大きな成長だと思っています。全力で何かをやるとき、目標や目的があるのは当たり前です。しかしその目標に、またはその目標を目指し行う行動に人として誇れる理念があるのか。それが本当に大切なことだと知ることができました。

Q.就職活動の軸は?

部活を通じて、理念が4年目の経験で一番大切だと感じました。そして理念の中身はもちろん、社員の方に合って、どこまで組織に理念がしっかり浸透しているかが、大切だと思っています。

Q.企業選びの軸は?

絶対に譲れなかった軸は、大きくは二つあります。一つ目は「仕事に対する熱」です。フィーリング的な面が大きいですが、仕事に対する目的や目標、誇りなどをそれぞれの形で持っていること。そこに対しての熱量というのが自分なりの視点です。二つ目は「仕事を通じて様々な人に出会える」ことです。私自身、成長のきっかけは他者から得る刺激であり、その刺激を自分でどう咀嚼し、行動に移すかで自分自身が成長できるかどうかが決まると考えています。仕事を通じて多くの人に刺激をもらえる、そんな刺激的な仕事や企業に行きたいと思っていました。

Q.そもそも企業をどう絞っていったのか?

30も40も企業を見れた訳ではないですが、主語が自分ではなく、社会がどうなるかという理念のほうが共感できたので、そういった企業を中心に見ていきました。
そこには理由があって、上記のとおり自分たちの代で出場停止としてしまい、それは目先の勝利に目が行き過ぎていたということがあったように感じたからです。
本当に大切なものを考えてはいたのですが、主将として浸透させきれていなかったと反省しました。

Q.どんな就職活動だった?

自分が分からなくなった期間でもありました。最終的に自分を完全に分かったとは思っていないのですが、期間を決めて、今の自分はこれだと決まって、その時点での自分を決める活動になったと思っています。自分と本気で向き合ったときに、自分で何かを主体的にやっていたい、10年経って一人前、どこに配属されるか分からない、そういった会社に任せっきりの環境は違うかなと思いました。最終的に自分で事業を作りたいと考えています。

Q.ベンチャーに不安はなかったのか?

自分の場合は部活を終えてから就活を始めたので、ベンチャーや自分の企業を興すのは当たり前のような人との出会いがたくさんありました。他の部活をしながらの人たちより就活でしっかりと向き合えたというのはあるかもしれません。大手は正直あまり見ていませんでした。働いている同期や先輩の話を聞いていたので、働いている実感等はイメージできていました。

DSC_0072

Q.何故この企業に決めたのか?

最後は理念に共感できる、働き方にも共感できる3つの企業ですごく悩みました。最後はより具体的に自分で事業ができる、という事業内容的な部分で最後は選びました。若いうちに何かをやるとなったら不動産、人材、ウェブという3つから一番ウェブが将来汎用性高いと考えたからです。

Q.3社が浦上君のどんなところを評価してくれた?

自分でやりたい、自分の熱意やチャレンジ精神、というものが実体験に基づいて感じてもらえたところだと思います。

Q.Criacao Careerセミナーについて

就活セミナー何個かある中で、立場の近い人が横にいたのも大きいですが、参加社会人の境遇が似ていて、距離感が近かったことが大きいと思います。隣のグループワークやる子も境遇が近く、自分ゴト化しやすかったです。

Q.部活やりながら就活やっているメンバーに伝えたいこと

自分と違う環境にいる人たちをもっと敬意を持って接してほしいなと思います。就活をしている周囲を拒絶したりすることが視野を狭める第一歩。彼らが焦って就活しているのをみて、彼らから何かを学べるのではないかと感じることが大切です。そんな人たちとも価値観をともにすれば、視野は広がっていくと思います。

Q.就活と部活の両立について

活かせることはお互いにあると感じます。自分が4回生の頃は就活やっている子に早く帰ってこいといってしまっていました。今でも就活を言い訳に部活をおろそかにするのは違うと思っています。一方で自己分析等は後輩育成にも使えたりと時間を就活に使うことで新しく見えてくる領域もあると感じています。

Q.将来やりたいことは?

人生振り返って楽しかったときは大学までは自分一人でやっていたとき、ラクロスに出会って、自分たち主体で組織で何かをやるというのがすごく楽しいというように変わってきました。現状こんなサービスがしたいというイメージは全然ないのですが、将来的には自分が作った組織、チームで戦いたいという思いがあります。

DSC_0076